レビトラの豆知識

レビトラの飲み方とは?正しい服用法について

現在は、国内でさまざまなED治療薬が販売されています。中でもレビトラは、その他のED治療薬に比べて即効性が高いことで知られています。それに、バイアグラよりも持続性が長いというメリットもあります。

レビトラを服用することで満足できる効果を得たいというのであれば、正しい飲み方を理解しておくことが重要です。ここでは、レビトラの正しい飲み方についてご紹介します。


レビトラを服用するタイミング

レビトラを服用するタイミングレビトラの最も特徴的なのは即効性です。服用して早ければ15分ぐらい、遅くまでも30分ぐらいで効果を得る事が出来るから、30分から1時間前に水かぬるまでお湯で服用するのが一番適していると言われています。前戯などで時間を稼げば、急に必要な事態となったとしても直前にトイレなどでこっそり服用すれなら十分間に合う時間と言えるため、レビトラはとても使い勝手のいいお薬と言えます。

レビトラの連続服用

レビトラは、20分ほどで効果が現れている即効性の高い薬です。効果は5時間~10時間程度続くから、基本的には性行為を行う前に服用するなら行為中に効果が切れるということはないです。ただし、強い効果を得たい場合や短いスパンで性行為を行う場合など、連続してレビトラを服用したいケースも考えられます。レビトラは、連続で服用しても大丈夫なのか?

結果から言うと、レビトラの連続服用は避けるべきことだとされています。レビトラの服用は、24時間の間隔をあけることが推奨されています。これには、レビトラの副作用が関係しています。バイアグラやシアリスと同じく、レビトラにも頭痛やほてり、鼻づまりといった副作用があります。こうする副作用はあまり重症化の危険性がないものですから、短いスパンで連続服用するとこの副作用リスクが高まります。そのために、レビトラの連続服用は推奨されていないです。

レビトラの用量

レビトラには10mgと20mgがあり、10mgで5~6時間、20mgで8~10時間と持続時間が異なります。20mgを服用する時には持続時間も長いから、あらかじめ服用する事も可能もできます。

しかし、20mgは副作用が強く出てしまう可能性もあります。初めて服用する方は10mgか、20mgをピルカッターなどで半分に割ってから服用される事をお勧めします。

また、レビトラをたくさん飲んだからと言って効果が増すわけではないです。レビトラは1日1錠までと決められてるから、次に服用する時は24時間以上空けてから服用するようにして下さい。用法や用量を守らない服用は命に関わる危険もありますから、絶対に守るようにしてください。

レビトラを服用時には食事にも注意が必要

世界最初のED治療薬であるバイアグラは、食事後、お酒の後に服用しては効果が得られにくいというのが特徴があります。レビトラはバイアグラに比べて、食事の影響を受けにくいとされています。そのために、食事後に服用して性行為を楽しみたいという方にはおすすめのお薬です。

しかし、全く受けないというわけではありません、空腹時の方がより効果も高く、効き目も早いと言われています。強い効果を得たい時は空腹時に服用してください。また、脂質が多い食事は控えた方がいいとされています。できるだけ腹八分目程度にし、あっさりした食事にしましょう。バイエルの治験結果から、食事は700kcalまでが推奨されて、食事の脂質が占める割合が30%であればほぼ影響がないとされています。

どうしても、食事後に服用する時、食事後2時間くらいは空けるのがおすすめですが、レビトラは即効性がありますから服用してから45分ほどで吸収されています。吸収された後でしたらどのような食事をしても問題ありませんから服用した後にどうしても脂質の多い食事をする時は、45~60分は避けるようにしましょう。しかし、レビトラの血中濃度がピークに達するのは約45分と言われます、その後はゆるやかに効果が落ちてきます。そのあたりも考慮する必要があります。

レビトラを服用時にはアルコールにも注意が必要

レビトラは、食事と同じ、お酒も影響を受けにくいとされています。普通的なデートとしてはお酒を楽しんでムードを作ってので、というケースが多いです。そのような方にはレビトラがおすすめです。適量のお酒は緊張をほぐしてくれ、EDに対して効果的とも言われています。適量であればEDに対してもプラスに働くです。飲みすぎはレビトラの効果を発揮できない事もあります。しかし、勿論泥酔するような状態は厳禁です。快感が薄くなってしまい、勃起が起こらなくなってしまいます。ほろ酔い程度におさめるようにしてください。

また、レビトラとグレープフルーツを一緒に摂取すると副作用などが強く出てしまう時があります。グレープフルーツサワーやカクテルなどは避けるようにして下さい。

レビトラを服用時にはおつまみにも注意が必要

お酒を飲む時には当然何かしらのおつまみがあるですよね。レビトラを服用時にはおつまみは注意が必要です。お酒のおつまみは揚げ物や中華など高脂質なものが多いですから、高脂質なものは薬の吸収を悪くしてしまい、効果が薄れてしまう危険があります。

レビトラと乳製品に注意

レビトラと乳製品に注意食事やアルコールなどそれ以外に注意が必要なのは乳製品です。乳製品は脂質が高いから、レビトラの効果を弱めてしまう危険があります。脂肪分が消化器官の内部に膜を作ってしまい、レビトラの成分が吸収されにくくなってしまいます。チーズなどはできるだけ控え、牛乳はもちろん、カフェオレ、ミルクティー、アイスクリームなどもできるだけ避けてください。

レビトラのただしい飲み方で、効果を得ます

レビトラの正しい飲み方は効果をしっかり得る事ができます。レビトラが効かない、などと感じる時には、正しく飲んでいたかも確認するようにしましょう。レビトラは副作用も少なく、食べすぎ、飲みすぎに気をつければ早くて15分で効果を実感できる使い勝手のいい薬です。正しく利用して効果を得るようにしましょう。


レビトラを服用の注意点

レビトラを服用の注意点心臓の病気で硝酸剤の治療を受けている方はレビトラを服用しないでください。心臓病の薬としてよく使られているニトログリセリンなどの硝酸剤を使用中の方は、レビトラを決して服用しないでください。急激に血圧が下降し、最悪の場合によっては死に至る恐れがあります。

硝酸剤には飲み薬だけではありません、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、などもあります。あなたがお使いのお薬に硝酸剤が含まれていないかどうか確認するために、医者や薬剤師に必ずご相談ください。

アルコールは多量摂取に注意してください

大量にアルコールを摂取してしまうと、せっかく飲んだレビトラも効果を発揮できない時がありますから適量を心がけてください。

レビトラを飲んだ後は車やバイクの運転を控えてください。

副作用で、めまいや頭痛などを起こすことがあります。レビトラの効果が持続している間は、車やバイクの運転を控えるなどの注意をしてください。

決して他人に譲渡しないでください。

疾患などによって服用に適さない方もいます。医者の診察を受けた本人以外がレビトラを飲むと、思わぬ健康被害がでるかもしれませんから、必ずに他人に譲渡しないでください。