ED治療薬について

三大ED治療薬の比較

最近は、「三大ED治療薬」と呼ばれる治療薬があり、バイアグラ、レビトラ、シアリス三つがあります。また、現在には日本においては未認可であるの新たなED治療薬としてステンドラとザイデナが登場しています。ED治療薬はそれぞれ共通する特徴と異なる特徴があります。これから、三大ED治療薬について説明します。三大ED治療薬

バイアグラ

バイアグラは、元々アメリカで狭心症の治療薬として開発されたお薬です。臨床試験で、本来の目的であった狭心症への治療効果は僅かのみですが、その途中で陰茎の勃起を促すとうい驚くべき効果が見つかり、ED治療薬として発売されました。

一番のメリットは、有効成分が純粋で、さらに効果が強いことです。服用してから30分程度で効果が出はじめ、2、3時間持続します。しかし、食事する後に服用すると、効果が出難いという欠点もあります。

バイアグラの通販

レビトラ

レビトラはドイツの製薬企業バイエルが開発したバイアグラに次いで販売された2番目のED治療薬です。レビトラはバイアグラの後に発売されたこともあり、副作用や食後の服用についても改善されました。それに、服用した後、早ければ20分ほどで効果を実感できるという速効性がレビトラの特徴です。

レビトラは服用後20~30分という早さで効果を発揮して、勃起機能も回復させます。性行為直前に服用すれば最大限の効果を発揮することができます。持続時間は6時間~10時間程度持続します。即効性と持続性の点でバイアグラから向上させていることが伺えます。また、レビトラには早漏を抑えることができるという特徴を持って、ペニスの挿入継続時間の延長が臨床的に効果として認められています。

レビトラの通販

シアリス

シアリスは、アメリカのイーライリリー社が2003年に製造し、日本では2007年から発売されました。世界で三番目のお薬です。現在、100ヶ国以上の患者さんには愛用されています。ED治療薬の中では一番効果が持続するお薬で、36時間となっています。

レビトラ同様食事に左右されて難いですが、他のふたつに比べて、効き目はマイルドです。副作用ももっとも少ないとされています。それぞれの有効成分は、バイアグラは、シルデナフィル、レビトラはバルデナフィル、シアリスはタダラフィルです。以上のように、同じED治療薬でも、それぞれ異なる特徴で、違う有効成分になっています。

シアリスの通販


ED治療薬の効果と服用タイミングの比較

ED治療薬にはそれぞれ違いがあり、効果や持続時間などに差別があります。特長を理解することで薬の効果を十分に得ることができます。

勃起力はバイアグラが抜群で、即効性はレビトラ、持続時間だと1日以上のシアリスといったように薬の効果をどのように活かすかを見据えた上で使い分けることができます。

服用のタイミングは、シアリスって性行為の2時間前で、その他は1時間前までには服用したほうがよいです。しかし、レビトラに限れば、服用者の約2割が10分以内で勃起が発現するというデータが残っています。

服用する後の効果の比較

ED治療薬の比較それぞれの薬に対して見られる効果は多少違います。それは薬の成分が異なっているためで、ペニスに血液をうながして膨張させる時、その血流量に差があります。その中でも硬さが一番強いのはバイアグラと言えます。飲んだ際に見られる勃起力の力強さと重量感、そして硬さは他を圧倒します。

レビトラもバイアグラに匹敵するほどの硬さがあらわれます。レビトラには即効性もありますから、いざという際にも対応できるという強さがあります。若い頃を思い出す勃起力が得られるかもしれません

シアリスは、他のED治療薬と比べて硬さの部分では劣っていると言わざるを得ません。ただし、シアリスの時は最大36時間の勃起の持続効果があるから、血流の膨張をあえて抑えることで持続時間を伸ばす仕組みを製薬会社が考慮したとも言われています。優しい気持ちにさせる勃起力が得られます

大分の人はペニスは硬いほうがいいと思います。勃起力を実感することで高揚感が増すことです。ただし、シアリスでも人によっては十分な硬さだと感じられることですが、パートナーにとってはあまりにも強い勃起力に抵抗を感じるかもしれません。各ED治療薬とも用量を抑えることで程よい勃起力に調整することができます。パートナーの思いに沿った形で使い分けることが最適なのかもしれません

ED治療薬の副作用の比較

勃起の改善という共通の効果が見られて、それぞれの治療薬ですが、共通するの副作用も存在します。頭痛、顔のほてり、動悸、頻脈、紅潮、充血、鼻づまりなどの症状はED治療薬に特有の代表的な副作用となります。これらの副作用で共通するものが血流です。薬を飲んだ時に、勃起状態を促すために体内の血流が良くなります。

血流が勢い良く流れることにより血管が拡張されるようになっています。これによって起こりやすいのは頭痛です。薬を飲んだ後に頭が痛くなるのは血流が悪くなったわけではありませんが、むしろ良くなったというふうに思えば、もしも再び副作用で痛くなった時でも安心して飲むことができます。

ちなみに薬の開発には副作用がなるべくではないようにするために工夫が施されています。ですが、副作用が感じられない人も当然いらっしゃることです。ただし、副作用が感じられなくて、勃起が見られれば薬が効いている証拠となりますから、実際に効果が現れるなら今後使う時も安心して使えましょう。


ED治療薬の値段の比較

ED治療薬の値段の比較三大ED治療薬の価格は、通販での購入の時に大きな差はないと言えます。日本人に適しているとされている用量の薬でそれぞれがあります。通販の価格を見ると、バイアグラ50mgは1215円~1350円程度、レビトラ10mg1370円程度、シアリス20mg1451円~1612円程度です。

上述のように見ますと、バイアグラが最も安価であることがわかります。しかし、極端に価格差があるという訳ではないです。

また、シアリスの時ですが、本来は用量10mgが日本人の体型にあった成分量となります。お薬なびでは現在10mg錠が販売されていないですが、20mg錠をカッターなどで半分に割って使用することもできます。ステンドラも50mgが最適な成分量であるから、分割しても効果を十分に実感できます。つまり上記の価格の半値で1回分として使えることを考えると、シアリスやステンドラのほうが経済的にも優しいとも考えられています。

全体的に見て、それぞれの治療薬に大きな価格差は特にはないです。その分ユーザーの好みに合わせて購入がしやすいと言えるかもしれません。

病院の価格比較

ED治療薬は病院でも処方されていることができます、実際に病院での薬価は通販と比べて高めに設定されています。例えば、バイアグラの50mgは1錠約1600円程度が相場となっているようです。その上に、診察代や処方箋などの代金もかかり、合计で考えると1回の診療で約5000~10000円程度はかかると考えたほうがよいです。また、EDの病院治療の時、保険が適用されない「自由診療」となります。そのために、各専門医院によって価格に大きな差がでる時はありますから事前にどの程度値段がかかるのかを調べる必要があります。