レビトラの豆知識

知りたいレビトラの併用禁忌薬

ED治療薬レビトラには、併用が禁止されている薬がいくつかあります。自分の健康状態や服用している薬によって、レビトラを処方できない時もあります。併用禁忌薬を使用している時にレビトラを服用すると、ひどくな副作用を引き起こす時があり、死亡してしまう危険性もあるかもしれませんから、併用禁忌薬について知ることはとても大切です。持病があり、何らかの薬を服用中である時は、かならず病院やクリニックで医者に説明する必要があります。


レビトラと併用禁忌薬の関係

レビトラの併用禁忌薬服用している薬によって、レビトラの成分との相性や相乗効果により、薬が効きすぎてしまったり副作用が強く出てしまったりして、ときにはひどくな症状があらわれることがあります。そのために、併用が禁止されている薬を服用されている方には、レビトラは処方できません。

レビトラの併用禁忌薬の代表としては、硝酸剤となっています。ニトログリセリンなどの硝酸剤は狭心症や心筋梗塞などの治療薬として使われる薬剤ですが、レビトラと併用すると過度に血圧が下がってしまうことがありますから、最悪の時、死亡してしまうこともありかもしれません、とても危険です。硝酸剤は飲み薬や舌下錠を始め、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどどのようなものがあっても、レビトラとの併用を禁止されています。


あなたはどうする?併用禁忌薬をチェック

レビトラの併用禁忌薬併用禁忌薬としては、抗ウイルス薬、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬などがあります。抗ウイルス薬は主にはHIV治療薬として使用されており、内服の抗真菌薬には水虫などの治療薬として使用されている薬です。レビトラと併用すると血中濃度が上昇してしまうことがあるから、これらの薬を服用している時はレビトラが処方できません。抗不整脈薬も、レビトラと併用した時、心電図に異常が発生する可能性があるから、併用禁忌となっています。

併用禁忌薬を服用していない時でも、半年以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を起こした方、肝臓障害の方や血液透析を行っている方、低血圧や高血圧の方、網膜色素変性症の方など、健康状態によってはレビトラが処方できない時もあります。

硝酸剤、NO供与剤

レビトラと併用することによって、成分同士が反応しあい、健康被害をもたらすのが、硝酸剤やNO供与剤と呼ばれる薬剤です。レビトラの成分をこれらの成分が反応しあうことで、体内で降圧作用が増強されます。降圧作用が増強されると、急激な血圧低下によって、力が抜けて転倒してしまったり、血圧低下が原因で死亡してしまったり、ひどいな健康被害を及ぼします。