EDの豆知識

EDって、その予防方法は?

EDに起こらないためには、勃起に重要な血管を正常に起こて、様々な障害を防ぐことです。勃起のメカニズムは血液が海綿体状になって、陰茎に流れ込み勃起しますが、高血圧、動脈硬化、高脂血症、糖尿病、肥満などの、生活習慣病の予防から始まることになります


肥満

運動不足もEDを悪化させる原因となってしまいます。運動不足になると血行が悪くなってしまい、EDになりやすくなってしまいます。筋肉肥満ムキムキになる必要はありませんが、血流をよくするためにも、できるだけ定期的に運動する事が推奨されています。

また、運度不足になると男性ホルモンのテストステロンが分泌されにくくなり、性欲低下を招いてしまいます。テストステロンは年齢を重ねるごとに低下していってしまいますから、若い男性だけでなく、中年以上の男性も運動が必要になります。

実は、肥満男性を対象に、8週間管理した低カロリー食で生活したところ、体重は減少したのは当然です、テストステロンの分泌量も改善されたという結果があります。運動不足、肥満は、男性としての面でも健康面でも、いい事は何一つもたらさないのです。


睡眠不足

睡眠不足や寝不足もEDを悪化させる原因です。その原因はいくつかありますが、疲労が回復できない事が原因です。最初の一番大きな原因が、睡眠不足になると勃起に大きく関係するテストステロンという男性ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。このテストステロ睡眠不足ンは、一番分泌されるのが睡眠中です。だから、睡眠時間が短かったり眠りが浅かったりするとテストステロンが分泌されなくなってしまい、うまく勃起できなくなってしまいます。

また、自律神経の乱れも大きく影響します。本来、人間は活動的になる交感神経とリラックスする副交感神経がうまく切り替わるようになっています。睡眠不足などによって自律神経が乱れてしまうと、たたなくなってしまったり中折れしてしまう事になります。何故かというと、勃起は副交感神経が優位になった時に起こります。緊張している時に勃起しにくいのは交感神経が優位になってしまうです。

忙しい現代人は交感神経が優位になってしまい、リラックスするために切り替えるのが難しくなって、自律神経失調症となってしまっている方が増えています。交感神経が優位になってしまうと常に緊張状態のため、しっかりと勃起できなくなってしまいます