EDの豆知識

EDってどんな症状がある?

EDといえば、その症状はさまざまであります。若いより勃起の硬さがなくなった、また、勃起の持続時間が以前と比べて短くなった、専門の医者でさえ、判断するのはとても難しいものです。EDの定義は、勃起を得られなかったと感じた時はEDを疑った方が妥当です。

EDの原因も多岐にわたっているから、ここではセックスで中折れしてしまう場合を中心に説明します。この中折れについては、EDの症状の中で一番多くて、ED患者の半数以上は中折れの症状が主なようです

中折れの症状を最初に自覚するのは40代になってからです。この時期になるとセックスをする回数が若い時より減って来て、何か月に、間隔が空くことも珍しくないです。久しぶりにセックスで中折れという症状を味わい自覚することが多いです。

男性の陰茎を女性の膣に挿入するために、陰茎が勃起し、ある程度の硬度が必要になります。性的興奮状態にある女性の膣口は開いており、また内部も愛液で濡れていますが、陰茎が柔らかいままだと挿入することはできない。中折れは、挿入できる硬度や大きさはあるものの、射精に至る前に陰茎が萎えて柔らかく小さくなってしまい、挿入状態を維持できないことをいいます

陰茎は海綿体に血液が流れ込むことにより、大きく膨らみ硬さを得ます。射精に至る前に勃起が喪失して、膣内から陰茎が抜け落ちてしまう状態が中折れです。セックスを継続することができなくなりますから、双方に不満が残ります。ちなみに、射精をしたら陰茎は萎えて膣内への挿入状態を維持できなくなりますが、これは生理現象で中折れとは言いません

男性の性器は、脳からの信号によって陰茎の動脈に血液が流れ、大きく膨らみます。これが通常の勃起状態です。EDの方は、何かしらの原因があり動脈が正常に広がらなかったり、神経に問題があることで正常に脳からの信号が伝達されず、ペニスがうまく勃起がしません。

日本の成人男性は約25%、ペニスの勃起に関して多かれ少なかれ悩みがあると言われています。40代以上の中年、高年の方の割合いが多いですが、10~20代の若者にもEDで悩む方はいます。肉体的な理由はもちろんですが、心理面も影響するなど原因は数多くありますから、年齢に関係せずに起こる問題です勃起障害

EDの症状まとめ
1.朝立ちしなくなった
2.昔と比べてペニスの勃ちが悪い
3.性行為の最中にペニスが萎える
4.ペニスが充分硬くならない