EDの豆知識

EDって何?その種類と原因は?

生活サイクルが忙しくなった現代、いろいろな病気や現象に悩まされる人も多いです。睡眠不足、ストレスなどは生活環境の原因で、来る病気です。生活環境から来る病に、EDと言われるものがあります。EDとは、ErectileDysfunctionの略で「勃起機能の低下」ということで、男性にしか起こらない病気です。女性からみると「私に興味がないの?」と思われがちなことですが、これは意識とは別の問題です。

昔でならば、年齢を重ねた老化現象と言われていましたが、現代ではストレスや寝不足、または生活習慣病なども関係することがあるから、若い人にもこのEDと言われる症状が見られる時代になりました。ではEDと言うものはどうして起きてしまうのか。最初に考えば、第一の原因は、病気にかかっていることです。

高血圧や糖尿病などが考えられますが、その他にも前立腺に関わる病気や男性ホルモンの低下も大きな理由とされます。多くの原因が心因的なものとなり、勃起不全と言うことも考えられて、肉体的な問題だけでなく精神的な原因も考える必要があります。男性が、朝立ちや自分で行なう自慰などでは正常な働きをする人も、女性を目の前にするということをきかない場合もあります。


EDの種類

EDの要因には様々な種類があり大きく分け、 心因性ED、器質性ED、薬剤性EDに分けられます。EDの種類

心因性ED

EDといえば、「中高年に多い症状」というイメージを持っている人が多いです。ただし、最近は20代、30代でも中折れや勃起障害に悩んでいる人は多く、そういったEDの原因の一つが「心因性 ED」です。

体には不調がないのにいざという時に勃起しなかったり、頻繁に中折れしたり、というのは仕事や家庭などの日常生活におけるストレスや、性交がうまくいかなかったことのトラウマなどの精神的ストレスが引き金となってしまっています。

性行為自体の経験が浅い10代後半~20代前半の若い男性が緊張からなる時や、仕事で忙しくまた子作り世代でもある30代~40代の男性にも起こります。また、最近増えているうつ病によってED です。「性欲が出ない」、「性行為が面倒」なども、この心因性 ED に分類されます。

器質製ED

中高年からのEDに多いものが、「器質性ED」です。器質性EDとは、神経の障害や、血管の動脈硬化の進行などが原因となって起きてしまうEDです。病気がなくても、30歳を過ぎると加齢と共に血管は老化してくるため、弾力性が徐々に低下してEDの症状を自覚してくる方が出てきます。

薬剤性ED

治療用の薬として服用した結果は、その薬が原因で引き起こされるEDが「薬剤性ED」です。つまり薬の副作用が原因で起きてしまうEDのことです。若い時代で抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬を服用している人や、年齢に関わらず高血圧の人に処方される降圧剤を服用している人などがEDになった時、この「薬剤性ED」が最初考えられます。このEDの場合、服用する薬を変えることで改善されることがあるから、薬剤性EDだと考えた時、医者と相談した上で変えてみてください。


EDの原因

EDにはさまざまな原因があります。「性欲はあるのに勃起しない」男性にとってこれ以上に悲しいことはないです。実にはEDを患った人にはどういったことが原因で勃起しないのか?という理由については分からないものです。実際に勃起不全に陥る原因としての多くは心理的なもの、そして加齢、生活習慣によるものに分類されます

加齢

EDにはいくつかの原因があります、もっとも一般的なものは加齢によって勃起障害が起こるものです。これを器質性EDと呼びます。器質性EDに分類すれば2種類あり、1つは加齢そのものが原因となる場合、そしてもう1つが加齢によって引き起こされる様々な病気が原因となる場合です。

加齢はそのものが原因となって起こるEDについて見ている。そもそも勃起とは知覚的や心理的な要因によって性的な刺激を受けた時、陰茎内の海綿体に血液が流れ込んで膨張することによって起こります。ただし、年齢を重ねることに肉体的な衰えが見られるようになるのと同時に性的な快感も鈍くなるから、性的興奮が減って勃起しにくくなってしまいます。

加齢とともに男性ホルモンが減少することもEDの原因となっています。男性ホルモンの減少は更年期障害を引き起こします。更年期障害になると身体が疲労感を感じやすくなったり、精神的に落ち込むことが多くなったりして、どんな事に対してもやる気を失ってしまいます。もちろん、性的なことについても関心が薄くなり、その結果としてEDになってしまうことが多いです。

生活習慣

EDの原因は、人によってさまざまです。ひょっとするとEDの原因が身近に潜んでいるかもしれません。食生活が偏りがちな1人くらしの男性は、特に注意が必要です。好きな物ばかり食べているといずれにEDになる日はそう遠くはないです。EDの原因

普通、脂肪は小腸で分解されますが、食事で脂肪を過剰に摂取してしまうと分解しきれずに血液の中に糖が溢れでてしまいます。血糖値が上がって血液がドロドロになり、血液の流れが悪くなってしまいます。

また、血液中の脂肪の一部はコレステロールとして血管内に付着し、血管を狭めてしまいます。こういった特徴が当てはまる病気は、糖尿病や高脂血症といった生活習慣病です。ピザを食べるカップル勃起は大量の血液が陰茎内部にスムーズに流れ込むことで起こりますが、食事で大量の脂質を摂取してしまうと、ただでさえドロドロの血液で血流が悪くなるのに、それに加えて血管も狭くなってしまうわけので、EDになるリスクが高くなってしまいます。

特に糖尿病は、EDのハイリスク群と言われ、糖尿病患者さんの約50%はEDだと言われています。またこういった生活習慣病の治療薬の中には、副作用によって薬が原因となって起こる薬剤性EDの可能性も高めます。血液の流れで言えば、タバコもEDには大敵です。タバコに含まれるニコチンは脳を刺激する作用もあるのです。

ニコチンが体を駆け巡ることで、血管の内部を覆っている血管平滑筋が収縮してしまうから血管が狭くなり、血液の流れを阻害してしまいます。タバコもEDには大敵上でも触れましたが、タバコは脳を刺激します。脳が刺激されるとドパミンが活発に分泌されるようになるから、なんだか元気になったような気分になります。

この高揚感によって一瞬はイライラを忘れることは確かにできますが、その後は反動によって余計にストレスが溜まってしまいます。このストレスがEDにとって大敵なのです。では、アルコールはどうでしょうか。お酒は適度に飲むなら血流を促進してくれますし、リラックス効果も期待できます。ですから、一見すると問題なさそうに思えますが、実はあまり良くないです。

お酒もEDには大敵飲み過ぎてしまうと脳は性的な興奮を抑えてしまうから勃起しにくくなりますし、この経験によって心因性のEDに発展してしまうこともあります。人によっては酔ったせいでたまたま勃起できなかったかもしれません、「ダメだ…」と思い込んでしまい、思い込みでEDを発症することがあります。