EDの豆知識

EDを治すために、どんな治療法がある?

ED治療とはいっても、種類はさまざまです。近年よく利用されているのはED治療薬ですが、これ以外にも手術や器具の活用、心理的な療法、ホルモン療法など、使用する器具も方法も異なったものが揃っています。ED治療を行う時には、これらの治療法のなかから患者に合ったものを選ぶことになります。これから、ED治療法について、ご紹介します。


薬剤で治療

ED治療薬は、ED治療の中で多く利用されている治療方法です。ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスという3つの種類があり、それぞれで効果は異なります。ED治療薬

バイアグラは、世界で初めて開発されたED治療薬です。2016年10月時点で、3種類のなかでは唯一特許が切れていることから、正規のジェネリック医薬品が存在します。世界初のED治療薬ということから知名度は高く、根強いファンも多い治療薬です。

レビトラは、2番目に発売されたED治療薬です。3種類のなかでは最も即効性が高く、最短30分以内に効果が発揮されます。また、食事の影響を受けやすいというバイアグラの弱点をある程度改善していることも大きな特徴です。

シアリスは、最も新しいED治療薬です。バイアグラとレビトラは有効成分の分子構造が似ていますが、シアリスの有効成分はほかとは違ってブロック状の構造をします。そのために、体内で分解されにくく、最大36時間という持続時間の長さを実現しています。

ICI治療

ICI治療は、陰茎海綿体注射とも呼ばれる治療方法です。注射によって陰茎海綿体に血管作動薬を直接注入することで勃起を促しまICI治療す。最初に勃起の誘発が確認されたのは塩酸イソクスプリンという成分でしたが、その後に何種類かの成分も同様に勃起を誘発することが確認されて、現在はそのなかで最も効果が高く、副作用も少ないPGE1という成分を用いるのが主流となっています。

ICI治療は、ED治療法のなかでも効果が高いものとして知られています。基礎疾患別の有効率では、6割~9割ほどと高い有効性を示しています。海外のデータでも7割~9割ほどの有効率であったという結果が出ているから、国の内外を問わず重宝されています。また、初回の治療ではうまく勃起しないケースもありますが、繰り返し治療を行うことで改善されることもあります。

陰圧式勃起補助具

陰圧式勃起補助具は、PDE5阻害薬を使用できない時に用いられることが多い治療用器具です。この器具を使用すれば、擬似的な勃起状態を作り出すことができます。陰圧式勃起補助具

手順としては、筒状の器具の中に陰茎を挿入します。次に専用のポンプを使い、器具のなかを陰圧の状態にします。器具内が陰圧になると血液が流れ込んでくるから、強制的に陰茎に血を集めることができます。これによって擬似的な勃起状態を作り出し、陰茎根本にゴムバンドをすることで勃起を維持します。しかし、長時間ゴムバンドをするとうっ血してしまうため、30分以上締めっぱなしにしないよう注意が必要です。